【法人決済】後払い決済相談室がいなかったら間違った選択をして、決済会社の選定を一からやり直した可能性もありました。相談して本当に良かったと思っています。

2018-12-18
株式会社オートミ
ご担当者:代表取締役社長 海老原大六さま

今回ご利用頂いた後払い決済相談室のサービス

  • 法人後払い決済(売掛決済)選定
株式会社オートミ 事業沿革

昭和28年 海老原智光(初代)が波型スレートの取扱を主体として、卸問屋の大富スレート商会㈱を創業
昭和61年 ㈱大富スレート商会から㈱オートミに社名変更
平成11年 建築設備部門を開設
平成14年 インターネットショップ(建築設備・資材)を開始
平成25年 創業60周年を機に、芸能法人向け 花事業を開始、多数のコンサート花 楽屋花、就任祝いの胡蝶蘭等を手掛ける。
平成30年 後払い決済を導入

後払い決済を導入しようと考えた背景

お客さまに利便性と安心感を提供したい。

弊社は、購入者様には クレジットカード・銀振/郵便振替(前払い)・ローンでのお支払いをお願いしてきましたが、最近、競合店でも 後払い決済をよく見かけるようになりました。後払い決済は、購入者さまに安心を感じて頂ける決済だと思っています。
弊社も後払い決済を導入することで、お客さまに利便性と安心感を提供したいと思い、導入を検討しました。

後払い決済相談室にコンサルティングを依頼しようと考えた経緯

独自で調査をしましたが、違いがわかっても実際どこが弊社に適しているのかがわかりませんでした。

自分で調査を進めていると、後払い決済を提供している会社は複数あり、仕組みや料金体系が違うことがわかってきました。ですが、実際どこがいいのかよくわかりませんでした。
そんな中で、後払い決済相談室のサイトを見つけました。
後払い決済相談室のサイトの構成がユーザー目線に立って作られていることに感心しました。
読み進めていくと、とてもわかりやすく、信憑性を感じた為、依頼をしました。
無料で色々相談できるというのも頼みやすい要因ですね。

後払い決済相談室の選定中の対応について

弊社のことを理解して選定を進めてくれ、とてもやりやすかった。

後払い決済相談室が、初めに提出してくれた資料が とてもわかりやすかったです。
最初お会いした時に、弊社の状況を色々と聞いて確認された後に提出してくれたものだったのですが、保証型後払い決済というのは2,000年頃から出始めた新しいサービスなので、会社によって、スタンス含め全然違うんだということが、とてもわかりやすく記載されていました。
その後に、弊社に合っていると考えられる決済会社を何社か選抜し、実際に会って選考を進めました。
その中で、後払い決済相談室で最適と判断した決済会社が、弊社にとっても最適な決済会社だと理解できました。
弊社のことを理解して進めてくれるのでとても、やりやすかったです。

後払い決済相談室を採用してよかった点

後払い決済相談室がいなかったら間違った選択をして、決済会社の選定を一からやり直した可能性もありま。相談して本当に良かったと思っています。

後払い決済相談室と選考を進めていく上で、弊社にとっても 実はリスクがあることがわかってきました。
具体的に言うと、保証型後払い決済では、保証されるタイミングは商品が到着したタイミングということと、(後払い決済では殆ど無いようですが)代引き決済では受け取り拒否による返品があるということです。
現在の支払方法は、前払いのみでやってきましたので、返品という経験はまずありませんので、このリスクにはなかなか気付けませんでした。
例えば 弊社は受注生産品が数多くあり、仮に受取拒否で戻ってきた場合、再販売が出来ず、どうしようもないことに気付きました。当初は、全商品で後払い決済導入をする予定でしたが、テスト段階で、受注生産品ではない商品のみで導入しようと考えました。
後払い決済相談室もこの考えに同意してくれて、決済会社に交渉を行ってくれました。予定していたより取扱高はかなり減少してしまうので、決済会社から敬遠されるのではないかと心配しましたが、無事導入OKとなり進めることができました。
結果的に、後払い決済相談室がいなければ、導入は出来ていなかったと思います。
決済会社を選定しようにも、選択する材料なんて、ネットには載ってないですよね。
後払い決済相談室のように各社の実情や実際の事例等を知ることも難しいですし、仮に出来たとしても時間と労力が掛かりすぎます。
後払い決済相談室がいなかったら間違った選択をして、決済会社の選定を一からやり直したりという可能性もありますし、相談して本当に良かったと思っています。

コンサルタントの編集後記

株式会社オートミさまは、当社としてとても感慨深いエピソードがあります。

初めて、後払い決済を導入する必要が無いのではないでしょうか?と進言した顧客だったからです。
選定中、社長の海老原さまと、経営手法や営業手法について何度も話をしてまいりましたが、聞けば聞く程、海老原社長の石橋を叩いて渡る経営手法には驚嘆するばかりでした。この徹底したリスク排除にも低価格を維持出来るシステムを見た気がしました。
後払い決済は、利便性の高さからリスクも生まれます。(本来、後払い決済は、他決済よりリスクは少ないのですが、海老原社長のリスクを徹底的に除外された運営スタイルからすると 後払い決済に意外なリスクが多少生じてしまうことがわかりました。)
今までのオートミさまの経緯を知ると、むしろこのままのスタイルで伸ばしていかれる方がよいのではないか?と思い、先の進言をしました。
すると海老原さまは、以下の思いを当社にぶつけてくれました。
「(オートミは)中小企業ですので、お客さまも取引するのが不安だったと思うんです。だけども、徹底して最安値で商品を販売してきましたので、ありがたいことにファンの方が増えてきております。また仕入れ先の大手のメーカーさんにもよくしてもらっています。今までは最安値と引き換えに、お客さまへ利便性を若干犠牲にしてきましたが、後払い決済という利便性の高さと安心感を提供できる決済があれば、もっとファンの方が増えていただけるのではないかと考えています。ですので、導入を進めていきたいんです。」
とはいえ、海老原さまの要求水準は非常に高く、実現できる決済会社選定は難航しましたが、決済会社と密にコミュニケーションを取ることにより、無事に要求水準を満たす決済会社で導入をすることができました。

資料請求からご提案まで 無料 お問い合わせはコチラ
大好評 ガイドブック 無料ダウンロード
お急ぎの方はお電話で フリーダイヤル 0120-953-854 受付時間 平日 9:00~18:00

TOP