【後半:決済導入~安定稼働編】最高の成功事例と評価された保証型掛け払い決済の「導入」「安定稼働」はどのように進んだのか?

2022-01-25
渡辺パイプ株式会社
水と住まいの事業
営業推進統括部 営業推進部
山本さま

今回ご利用頂いた後払い決済相談室のサービス

  • 保証型掛け払い決済の選定
渡辺パイプ株式会社 事業沿革

1953年 創業者 渡辺次祐が、東京都墨田区に株式会社渡辺次祐商店を設立、1957年に渡辺パイプ株式会社に社名変更。
水道用パイプとその付属品の販売から始まり、その当時は誰もやっていなかった掛け売りや電話注文受付、商品の現場配送など数々のサービスで基盤を築き、全国へ営業所を展開。
以降も業界に先駆けた様々なサービスを展開し建設資材流通業界を牽引する、リーディングカンパニーです。

「決済会社決定~導入」で後払い決済相談室はどのように役に立ったのか?

後払い決済相談室なしでは導入できていなかったかもしれない。

前半:決済会社選定編はこちら

後払い決済相談室:NP掛け払いを渡辺パイプ社用に確認、調整した内容を見返しましたが、「システム要件」が約30項目、「運用上の要件」が約60項目ありました。前向きに対応、検討してくださった揚田さんには感謝しています。

揚田さま(NP):先ほども申し上げましたが後払い決済相談室から来る渡辺パイプ社が求める要求は非常に高いものばかりでしたが、「決済を使う為」という方向性の要求ばかりでしたので当社としても対応がしやすかったです。

山本さま(WP):当社としてもNP掛け払い決済を導入するとなれば取扱高を増やしていきたいと考えていました。
NP掛け払いさんと共存共栄の関係を作っていくためにもNP掛け払いには変化を求めたいと考えていました。

とはいっても、私はやりたいことの概略を後払い決済相談室にドーンと伝える。どのドーンと伝えた事を後払い決済相談室がちゃんと理解し翻訳して揚田さんに伝えて対応してくれる。この関係性は他では体験できない気持ちの良いものでした。

私と揚田さんが直接やり取りを行うと、揚田さんも困ってしまうこともあると思います。揚田さんにもお立場があり、やり方があります。どうしても対応できないこともあると思います。でも後払い決済相談室は、ここまでは伝えてOK、ここからは伝えないというように情報をコントロールしてくれていました。

私から「なぜできないのでしょうか?」と詰め寄ることもなくNP掛け払いさんとは良好な関係をキープしながらビジネスができています。私から後払い決済相談室にやりたいことをガンガン伝える。それに対する回答が直ぐに返ってくる。後払い決済相談室と仕事をすると仕事がはかどるなぁと感じました。

後払い決済相談室:揚田さんに質問があります。当社のコンサルティングが役に立つケースと役に立たなそうなケース、違いはありますか?

揚田さま(NP):どんなケースも全般的に後払い決済相談室がコンサルティングしたほうがよい結果になると思いますが、より活躍するという意味では、我々のような保証型の決済サービスを使って「売上を上げよう」とお考えの企業さまでは活躍すると思います。
対照的にただ単純に「決済ラインナップを増やそう」とお考えの場合は、活躍していると感じないかもしれません。
渡辺パイプ社のように全国に営業所がある大企業で新しい仕組みを使って「売上を上げよう」とするのはとてもパワーが必要です。
たくさんの社員の方々が覚えなければいけないことが増えるのでどうしても慣れるまでに時間が掛かりますし、使い勝手が悪いと使わなくなってしまいます。我々への手数料も発生するので利益率も下がります。
このような前提で考えると山本さんのようにご担当者様の熱量も高くならざるをえないです。

「ベストな決済会社を選定する」だけよりも「売上を上げていくために運用がスムーズに行えるベストな決済会社を選定してカスタムしていく」の方が当然大変です。
後払い決済相談室はそういった難易度が高い企業で最も活躍すると思います。

後は、後払い決済相談室さんと組むプロジェクトの傾向としては、山本さんのようにご担当者様が「お忙しい」「もれなく全部知りたい」方が多いですね(笑)

山本さま(WP):「忙しい」「もれなく全部知りたい」…両方当てはまりますね(笑)

揚田さま(NP):(笑)
山本さんのようにお忙しい方が各決済会社を呼んでプレゼンを聞いても、まとめあげるのが大変です。
各決済会社が決まったアジェンダに沿ってプレゼンをするのではなく、それぞれが好き勝手にしゃべりますからね(笑)

また後々不明点が出てきても下手をしたら同じ質問を全決済会社にしなければいけません。後払い決済相談室は複数になる手間が1で済むのでとても助かると思います。

山本さま(WP):そう考えると、後払い決済相談室なしでは導入できなかったかもしれませんね…。

揚田さま(NP):中にはそういう企業様もいらっしゃいます。結局どの決済会社がよいかわからなくなってしまったり、細かい調整がうまくいかずに導入プロジェクト自体がスタックしてしまうことはあります。後払い決済相談室さんがコンサルティングすると企業担当者さんも我々NP掛け払いに限らず決済会社もみんな助かると思いますよ。

決済「導入後」の安定稼働まででお役に立てた瞬間とは

後払い決済相談室が毎月の定例ミーティングに参加してくれるので安心感があります。

後払い決済相談室:NP掛け払い決済導入して約2年が経ちますが、毎月定例ミーティングを実施しています。
当社は、他のクライアントでも定例ミーティングを行っていますが、安定稼働すると例外なく私は発言する機会がなくなってしまいます。
ふと私は役にたっているのだろうか?と不安になるのですが…思い切って聞いてしまいます、当社は役にたっているのでしょうか?

山本さま(WP):私が後払い決済相談室に是非参加して欲しいと言っていますからね(笑)
後払い決済相談室にご参加いただいているのには、勿論理由があります。
1つはうまくいっている時にうまくいっている成果を後払い決済相談室にアピールしたいからです(笑)

もう1つは、こちらが最大の目的なのですがもしうまくいかなくなってきた時に、後払い決済相談室に経緯を含めて知っておいて頂きたいのです。
仮に1年間離れてしまうとその1年で何があったかからご説明しなければいけません。説明できればよいですが時間が経てば経つほど経緯を失念してしまうかもしれません。
でも道中もご一緒頂ければ問題が起きた時にすぐに相談ができます。

また、私も揚田さんも異動によって担当者ではなくなってしまう可能性があります。その時に後払い決済相談室が経緯をすべて知って頂けているのはとても安心感があります。

揚田さま(NP):私も同様です。後払い決済相談室はコンサルティング会社なので道中に問題が発生しても具体的に解決には向かえる訳ではありません。
結局は私や当社が解決をしていかなくてはいけません。

でも、後払い決済相談室がいてくれると問題が発生しても一旦後払い決済相談室が受け止めてくれるので山本さんも安心できると思います。
満足度が高い状態をキープできるので結果、当社のサービスを長く使って頂けることに繋がります。当社としても後払い決済相談室が定例ミーティングにご参加くださることは安心できます。

COVID-19も落ち着いてきて、今まで止まっていた新規事業を再度スタートさせる企業も増えると思います。 保証型掛け払い決済の導入を検討している企業にアドバイスをして頂けますでしょうか?

保証型掛け払い決済があるからこそできる戦略的な使い方を考えると面白いことができると思います。

山本さま(WP):特定の決済会社に偏ることのない提案があり、またその説明がとても分かり易く納得できるものなので、決済サービスの導入を考えているのであれば、後払い決済相談室の利用は有益なものだと思います。

またNP掛け払いさんのような保証型掛け払い決済には使い方によって様々な可能性があります。決済会社のスペックを理解し時にはカスタムしてもらい使い込んでいけばいろいろなビジネスが描けます。
決済は絶対に必要なサービスです。NP掛け払いさんのような保証型の決済を使う使わないは一旦置いて起き、決済について理解し応用していくのはこれから必要なことではないでしょうか?

私も最初は、NP掛け払いも一つの選択肢としか考えていませんでしたが「こんなことができる」「こういうこともできる」と知れば知るほどもっと戦略的に応用できると考えています。

単純に導入しただけでは手数料を支払っておしまいということになりかねません。それはあまり賢いやり方ではないですよね。
保証型掛け払い決済があるからこそできることを考えていくととても面白いことになるのではないでしょうか?

後払い決済相談室:決済サービスを戦略的に使っていくなんて発想、導入企業担当者さまから初めて聞きました。

揚田さま(NP):そうですね、初めて聞きましたね。

後払い決済相談室の特徴や長所、伸びしろを教えて頂けますでしょうか?

「お客様のために」をブラさない姿勢は、これからも多くの企業の手助けをしていくと容易に想像できます。

山本さま(WP):後払い決済相談室のトップコンサルタントである濱本さんは果たしてコンサルタントなのだろうか?と最近思いますよ(笑)

一同:(笑)

後払い決済相談室:たしかに、私はコンサルティング会社出身ではないのでよくわからないですね(笑)

山本さま(WP):コンサルタントではないというと語弊がありますが、たしかにコンサルタントなんです。
ただ、私が今まで関わってきたコンサルタントとはちょっと違いますね。

何というか枠組みを超えているんです。「自分たちの想いを一緒に実現してくれる人」なんです。
一緒に熱くなってくれる人。それが心地よいです。
ブレることがないという意味では「プロフェッショナル」という言葉の方が濱本さんには当てはまるかもしれません。

また決済サービスは実はかなり多岐にわたって使えるサービスです。
常に新たなサービスが登場している中で、その核に関わっているのが後払い決済相談室であることは恐らくあまり知られていないのではないかと思います。
ある意味で決済会社の相談室でもあるというところが、ひしひしと伝わってきます。

「お客様のために」という基本を絶対にブラさない姿勢、どこまでも真剣に向き合う姿勢はこれからも多くの企業の決済サービス導入の手助けになることが容易に想像できます。

後払い決済相談室:ありがとうございます。今後もご期待に沿えるようにレベルアップしていきます!
山本さん、揚田さん本日は貴重なお話をお聞かせ頂きありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。

山本さま(WP):こちらこそありがとうございました。

揚田さま(NP):ありがとうございました。

コンサルタントの編集後記

渡辺パイプさまの声を前半・後半ご覧いただきありがとうございます。

前半:決済会社選定編はこちら

今回、当社のクライアントのお声に決済会社の中の人(NP掛け払い/揚田さん)が参加するという初の試みを行いました。また大変ありがたいことにインタビューで頂けましたボリュームが多いので、お声を2部(前半・後半)に分けさせて頂きました。(2部に分けるということも初の試みでした。)いかがでしたでしょうか?

今回のインタビューを行うに当たり、過去の資料を見返しました。【後半:決済導入~安定稼働編】の冒頭で申し上げておりますが、渡辺パイプ社に調整した「システム要件」「運用要件」がそれぞれ約30項目、約60項目ありました。道中は、必死なので気が付きませんでしたが改めて調整項目を見て感じたことは「決済会社の最高スペック、またはそれ以上を引き出せているのではないか?」といういことです。
勿論、調整を一緒に行って頂きました揚田さんのお力が大きいのは事実です。揚田さんが社内のカスタマーセンター、システム担当に調整をしてくださったので実現できたことばかりです。

ですが、資料を見返してみると仮にNP掛け払いが初めから最大スペックを解放したら微調整など不要かというと必ずしもそうではないということも見えてきます。
「NP掛け払いの最大スペック」と「渡辺パイプ社が必要とするスペック」は必ずしも一致しないということです。
この項目は最大スペックは求めないのでこの項目は100%のスペックを超えてほしい。
このバランスがないといくら揚田さんでもいくらNP掛け払いさんでもできないものはできないとなってしまいます。(または利用条件を上げるしかなくなってしまいます。)
【前編:決済会社選定編】でNP掛け払いが最安の決済会社ではないというコメントが出てきますが、最安ではないもののNP掛け払いが提示した条件が破格であることに変わりはありません。

最高の条件下の中でクライアントが求め、且つ決済会社が対応できる最大最高のスペックの着地点を見つけることができるのが当社の最大の強みなのではないかと感じました。
山本さんからも「多くの企業の決済サービス導入の手助けになることが容易に想像できる。」と当社にとって最高の評価を頂いております。
今後も当社を頼って頂ける企業のお役に立て続けられるように邁進していきます。

資料請求からご提案まで 無料 お問い合わせはコチラ
大好評 ガイドブック 無料ダウンロード
お急ぎの方はお電話で フリーダイヤル 0120-953-854 受付時間 平日 9:00~18:00

TOP